自然に習って自己治癒力を高めることが自然治癒力

自然にも身体にも、全てに「ゆらぎ」がある

自浄作用(じじょうさよう)
self-purification


【自浄作用(じじょうさよう)出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典/】
河川、湖沼、海域に混入した
汚濁物質を沈殿、酸化、生物による分解などにより、水自体で浄化する作用。

湖沼のような静水域では汚濁物質が大量に沈殿したり、酸化還元されたりする。

河川のように水の流動するところでは
有機性汚濁物質を微生物、昆虫などの分解者が無機物に分解して自然界に還元する。

下水処理は、この作用を人為的に高めたものといえる。
しかし、この作用には限界があり自然の浄化力をこえると
浄化しきれないだけでなく、作用の能力が低下する。

また重金属や分解しにくい物質には作用も及びがたく、
リン、窒素の塩類も分解しにくい。
赤潮、死の川などの現象は、自浄作用をこえた状態といえる。
【ブリタニカ国際大百科事典】 https://goo.gl/NFPgTP

体にも自浄作用 5つの生理

肝臓 分解、解毒
心臓 循環
脾臓、膵臓 代謝、分泌
肺臓、吸収
腎臓 排泄
これらに腸内菌や微生物も加わります。

これら体の機能はすべて自然にある自浄作用と同じだった!
と聴くと
「本当だ!すごーい!」って感動しませんか(^^;)
「それが何か?…」では何も学べません。

自然の力は狂いも無く正確で完璧です。
だから私たちの身体も完璧なはずなのでは

体を狂わせるのは「心」

体は心の入れ物です。
体の周波数(波長)と心の周波数が非共鳴すると

体は酸化するのです。

体の周波数(波長)と心の周波数を共鳴させるには

心も体と同じ自浄作用があって、それと同じことをする
つまり、自然と同じ働きを心に持つことで
体の周波数と共鳴することが出来るのです。

「ゆらぎ」という概念

: http://mother-proof.com/archives/1211
いろいろな人たちと関わり、交わり
「確かにそうだね」
「君のいう通りだよ」
「私も見習うよ」
これまでの自分と比べ
変わっていくことと、ゆずり合い
許し受け入れることが「ゆらぎ」なのです。

宇宙と自然と同じ調べ(波長)に合わせることが
自己治癒力を高めるのです。