性格習慣病

実は病気は『性格の習慣から』だった

怒っりぽい人、支配的、自分の思い通りにしたい傾向にある人は肝臓の気が過剰になり、肝臓を酷使し病気になる可能性が高まります。

お調子者、喜びの感情重視、いつも浮き足立ちの傾向にある人は、そのエネルギーが心臓の気エネルギーを分散させ、精神活動を混乱させてしまうことがあります。

疑い深く、思い込み、良からぬ妄想が過ぎる傾向にある人は、脾臓のエネルギーが停滞してその機能に障害が出てきます。内分泌系、胃腸の調子が悪くなったり、消化吸収活動がうまくいかなくなります。糖尿病に注意

悲しみや悲嘆の感情が多すぎる場合は、肺のエネルギーを弱めるといいます。(長文になるので省略)

恐れや恐怖のエネルギーは腎臓の機能を弱めます。(長文になるので省略)

そしてこれらは量子論、科学で解くことができます。

性格習慣病