逆転人生 エネルギー理論 段階の法則⑶

段階の法則 振り子の原理

エネルギー理論、段階の法則は物理の振り子の原理と同じで、

良い状態、正のエネルギーを強くしようとすると、

同じだけの

強い負のエネルギー、酸化が必要です。

これは一気にベストの状態には持って行けませんので、

振り幅を徐々に広げて、

エネルギーを上げるために、

この時「溜め」を利用します。

この「溜め」を入れるときは、

負荷、酸化のピークの時にかけます。

この時、苦しみから逃す、必死にがむしゃらに立ち向かった時に、段階が上がる瞬間が来ます。

この瞬間の波動を「ゆらぎ」と言います。

ここから

エネルギー理論をフィギュアスケートに例えます。

日本のフィギュアスケート選手で活躍されている羽生結弦、宇野昌磨選手たちは、

表舞台は華やかですが、それまでに積み上げた練習量は半端ではありません。

競技本番の3分から4分のために、一日数時間の過酷な厳しい練習に励みます。

練習で怪我をしたり、不調に苦しんだり、プレッシャーとの戦い、苦悩、酸化をファンは知っていて、見ていますから、

羽生結弦選手にハマるファンは同じように酸化します。

これが波動共鳴現象です。

そしてピンチがあるほど、大きな酸化がエネルギーになって

初のオリンピック二連覇、スーパースラム達成と偉業を成し遂げました。

酸化が大きいほど、そのエネルギーが大きな還元になって、

ファンと波動共鳴現象を起こします。

これまでジュニアからシニアまで、何度も怪我と挫折、厳しい練習に耐え、ときに喜び、困難を乗り越えて

酸化と還元を繰り返し、今の羽生結弦、宇野昌磨選手があります。

たまに心ない何も知らない人が、彼らのことを批評します。

それは酸化と還元の、還元の部分しか見ていない、

華やかなところしか見ていないのです。

エネルギー理論の相対の法則の概念のない人です。

華やかな還元の部分だけ捉えて、チヤホヤされているところしか見えず、

才能をひがんでいるのです。

この酸化と還元の相対の両面を見ることがエネルギー理論の

相対の法則

酸化と還元の法則

段階の法則なのです。

いかがでしたか多くの人を感動させ

勇気とやる気、エネルギーを与えてくれる人は

エネルギー理論に適って行動しています。

逆転人生 エネルギー理論 段階の法則⑵

前回の続き 段階の法則

段階の法則とセットで考えなければならないのが

ルーティン、習慣、リズムワークです。

やったり、やらなかったりではエネルギーは高まりません。

段階の法則は

酸化還元を繰り返し、段階を上げる。

「エネルギーを高めること」ですから、

自分のやり続けられる継続、習慣ルーティンを作ることです。

ルーティンを持たない人はエネルギーも低いと言えます。

例えば

同じ時間に寝ない。

休みの日は起きたい時に起きる。

休みの日の前の日は、夜更かしして運動不足

食事にも気遣うことなく、

バランスを考えず食べたいものを、食べたいだけ食べる。

仕事も時間をこなすだけで、与えられただけしかしないなど。

このような人はエネルギーを作り出すことはなく、低い方へと流れて行きます。

仕事も人間関係も体の調子も、全部つながっていますので、

そのままならエネルギーは、

さらに低い方へ流れます。

ですから抗う、逆らうくらいが、ちょうど良いのです。

抗う、逆らうは酸化です。

確かに明日休みなら夜更かしして、朝はゆっくり寝ていたい。

と思いますが、

明日休みでも同じ時間に寝る。

朝も同じ時間に起きる。

仕事の日と同じくらい、体を動かす。

ダラダラ過ごさない。

人間関係、仕事も食生活もバランス良く、

気分や欲望に任せず自分のポリシーを持ち、決め事を守り

リズムワークを身につけるのです。

しかし厳しいルールや、いきなり高い目標を立てないことです。

まずはスモールステップ、細かくやれること、

やり続けられることから始める。

小さな成功を積み上げることが、

段階の法則の大事な点です。

いかがでしたか

何事も一気にやろうとせず

段階の法則で始めることですね。

逆転人生 エネルギー理論 段階の法則⑴

段階の法則 これは「酸化と還元を繰り返す」ことで

段階、レベルを上げていく。

スモールステップの原理とも呼ばれています。

人生を変えたい!でも変えられないのはなぜか?

それはいきなり変えようとするからです。

まずは、小さなやれることから始める。

例えば

靴を揃える。

服をたたむ。

挨拶をする。

掃除をする。

笑顔を意識する。

車の安全運転など

これまで気を使っていなかった

やれることを意識しやってみる。

やれるようになったら、

小さくても

達成感を感じてみる。

この小さな酸化、行動と

還元、達成を繰り返すことを

続けてみることです。

そうすると段階が上がり

次のやるべきことが見えてきます。

気をつけることは、

いきなり大きな目標を立てないことです。

大きな変化は返って拒絶反応が起きて続きません。

小さな変化から段階を経てエネルギーを上げていくことが

段階の法則です。

なぜ小さな変化から取り掛かるのか。

人間は恒常性、ホメオスタシスという

ありがたい機能があって

元に戻ろうとする、還元作用があります。

この機能のおかげで、病気が治ったり、怪我か治ります。

これも酸化を還元する働きです。

無理な変化は酸化が強くなり、恒常性が強く働き還元力が増しますので、

無理に元の生活に戻されます。

何か新しいことを始める時に

よし!やるぞと気合いを入れてしまいますが、

エネルギー理論的には落差で強い酸化が働き

返って逆効果なのです。

ここで効果的なのが小さな段階の法則

スモールステップから始めるのです。

小さな変化は恒常性が働きにくいですから、

恒常性に邪魔されることなく少しずつ変化していけるのです。

今まで何をやっても続かなかったのは

いきなり高い目標を掲げたり、やる気満々で始めたからです。

続きます

逆転人生 エネルギー理論で波動を上げる1〜9まとめ

エネルギー理論とは

エネルギー理論の概念を持って

日常に活かすことが出来たら

誰もが劇的に人生を変えることが出来る人生逆転の原理です。

エネルギー理論は今起きている現象や

全ての物質が創られた絶対の法則

 地球を創造した宇宙の法則です。

それは、ありとあらゆるものを進化させる。

相対の法則 酸化還元の法則 段階の法則 相似の法則の主に4つの法則です。

宇宙、大自然があることも、

私たち人類が進化して生まれて今あるのも、

この法則でつくられました。

相対の法則

相対を辞書では、「他との関係によって存在するもの」

例えば陰陽、左右、上下、大小、表裏、プラスマイナス、男女など。

根本は、全てのものは原子から成っていますから、

原子そのものもプラスの陽子とマイナスの電子で構成されていますので

この世は相対でできているということなのです。

相対の法則はバランスの法則です。

 健康の相対は病気になります。

健康の実感は病気を経験しないと、感じられません。

病気になって初めて健康がありがたいと感じます。

また落差が大きいほど喜び、感動、感謝の念が強く感じられるのです

この相対の正と負、プラスとマイナスをエネルギーにしてしまう法則が酸化還元の法則です。

酸化還元の法則

エネルギーを作り出すには、

相対の

プラスとマイナスの落差が必要です。

これがエネルギー理論の肝です。

酸化とは

「物質を構成する原子から電子が抜ける、奪われることで不安定になり、物質が変化すること」です。

酸化した時、陽子のプラスが働き、

マイナスの電子を引き寄せるようになっているので

酸化することでエネルギー、吸引が働くのです。

これは科学の大原則です。

エネルギーは酸化と還元の相対の落差から生まれます。

これが

逆境から好転、苦難は幸福の門

今の困難を逆転させる、人生逆転の原理です。

酸化を日常に置き換えると

酸化は苦難、逆境、不安定、不安、不満の満たされない状態で、何とかしたい!という

エネルギーのもとです。

酸化が強い人ほどエネルギーが強いのです。

理想と現実の落差でエネルギーが生じます。

酸化を還元し、それを繰り返すことで人は

不満を満足に、不便を便利にしてきたのです。

この原理こそ、宇宙を創造した

絶対の法則、エネルギー理論です。

大きな困難、逆境をエネルギーにして逆転人生を遂げた人は

自然にエネルギー理論に沿って行動したのです。

逆転人生 エネルギー理論で波動を上げる⑼

酸化を日常に置き換えると

酸化は不安定、不安、不満と言え、これがエネルギーのもとです。

還元は安定、安心、満足です。

ん~確かにここからはエネルギーは生みませんね。

人間は本能で不便を便利にしたい。

常に退化にあがなって、あらゆることを進化させて来ました。

満たされなければ、満たされるように考え、工夫して

酸化を還元して来たのです。

この原理

エネルギー理論の

相対の法則

酸化還元の法則(吸引と反発の原理)が全てに共通していることに

気づいた一部の人が

大業を成し遂げたり、成功をおさめたのです。

逆転人生 エネルギー理論で波動を上げる⑺

なぜかハマるには理由がある

現在テレビで放映されているフィギュアスケート:4大陸選手権で

羽生結弦選手が活躍されています。

うちの家内もですが、羽生結弦くんにハマっている女性が多いのはなぜか。

容姿はもちろんのこと、顔立ち、所作、言葉⋯など。

数えあげればキリがありません。

ハマるといえば韓ドラです。

またこれもうちの家内が昔からハマっていてやめられません。

羽生くんにしても、韓ドラにしてもなぜか夢中にしてしまう、

特に女性がハマる理由、法則があります。

その法則がエネルギー理論です。

羽生くん、韓ドラに限らず、大ヒットする映画やドラマにも

しっかりエネルギー理論がハマっています。

ではエネルギー理論とは何か

このチャンネルではエネルギー理論を知ってもらい

エネルギー理論の概念を持って日常に活かすことが出来たら

誰もが劇的に人生を変えることが出来る人生逆転の原理です。

#逆転人生 #エネルギー理論 #波動 ゆらぎ #羽生結弦にハマる理由 #韓ドラにハマる理由 #女性がハマる

逆転人生 エネルギー理論で波動を上げる⑹

エネルギー理論の相対の法則は振り子の原理と同じです。

振り子の左右の幅は誰がやっても同じで、

必ず結果は同じになります。

これと同じ原理、宇宙の法則では

良きも悪きも、結果的に相対の法則で、

プラマイ0になっているのです。

つまり、良いことだけも、悪いことだけもなく

どちらも同等に起きていて、

みんなプラマイ0

帳消しになるということです。

日々起こる出来事に対して

これが良かった、あれが悪かったとは言えないのです。

良い思いをしている人は

それ相当の大変な思い、代償を払っています。

では、

良かったこと、悪かったと思えることを、

全てエネルギーに変えてしまう理が

酸化還元の法則です。

逆転人生エネルギー理論で波動を上げる⑸

相対の法則 落差について

相対の法則について触れていきます。

相対とは

他の関係性によって存在出来るもの。

つまり単独では存在しないものです。

例えば健康の相対は病気になります。

健康の実感は病気を経験しないと、感じられません。

病気になって健康のありがたさを実感します。

光が強くなれば、影も増すように明るさと暗さを2つに分けることは出来ません。

さて、ここから何を学べるのか

仕事も人間関係も好調と不調な時もあります。

いわゆる波ですね。

好調の時、不調の時にどう考え行動するかで、

次の波がどちらへ向かうのかを相対の法則は教えくれるのです。

これらの相対の概念がないと

調子が良く上手く行っている時は幸せと感じられますが、

アクシデント、トラブルが続くと不幸と考える。

これらの2つの出来事は別物と考えてしまうのです。